【不合格のサイン?】面接時間が短いと不採用濃厚?

【不合格のサイン?】面接時間が短いと不採用濃厚?

こんにちは、夢頭(ユメガシラ)です。

「面接時間が短かったけど、これって不採用のサイン?」

転職活動中に、このような疑問や不安を持つ方も多いかと思います。

面接時間の一般的な長さは30分から1時間前後と言われていますが、これはあくまで平均値です。
面接時間は企業によってさまざまなため、そもそも短いor長いの判断も主観的な要素が強いと言えます。

とはいえ、面接は応募者の適性を見極める重要な場であるにもかかわらず、あまりに短い時間で終わってしまうと、「興味がないのかな?」と不安に思ったり諦めたりしてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

果たして面接時間が短い場合は、不採用濃厚なのでしょうか?
今回はこの点について、書いていきたいと思います。

ユメガシラ
ユメガシラ

一応、私も転職歴は4回あり、更に8年近く人事部として採用する側の実状も見てきましたので、多少の参考にはなるかと…。

スポンサーリンク

面接時間が短くても不採用濃厚ではない

面接時間が短くても不採用濃厚ではない

さっそく私なりの結論を申し上げますと、

「面接時間が短くても不採用濃厚ではない」

です。

確かに不採用であることが原因で、面接時間が短くなるケースもあります。
不採用が決まっているor決まった人間に対して、面接官もあまり時間を費やしたくないでしょうから、結果的に面接が短くなることもあるかと思います。

しかしながら、面接時間が短いというだけで不採用と諦めてしまうのは早計です。
というのも、そもそも面接時間は合否に関係がないからです。
実際には、色々な事情や理由で面接時間が短くなるケースも多いのです。

これから順を追って、ご説明します。

面接時間が短くても不採用濃厚ではない理由

面接が短くても不採用濃厚ではない理由

ではなぜ、面接時間が短くても不採用濃厚ではないのでしょうか?
以下でその理由を見ていきましょう。

①採用担当者(面接官)が忙しかっただけだから

いちばん考えられる理由は、これかと思います。
採用担当者や面接官が忙しいと、どうしても面接時間は短くなるものです。

職場によりけりだとは思いますが、基本的に採用担当者は超多忙です。
また、面接官が現場の社員であった場合も、その社員はメインの業務の合間を縫って面接をしているため、じっくりと時間をかけられないケースが多くなります。

このように、採用担当者や面接官が忙しいことが理由で、面接時間が短くなることは珍しくありません。
であれば、面接時間が短くても、一概に不採用濃厚とは言い切れないでしょう。

ユメガシラ
ユメガシラ

特に複数名採用のケースや、転職市場が活発になる時期(3月や12月など)のケースでは、面接時間が短くなる可能性が高いでしょう。

②書類選考で採用がある程度決まっていたから

また、書類選考で採用がある程度決まっていた場合にも、面接時間が短くなることがあります。

書類選考の段階でスキルや経験等の条件を満たしているケースにおいては、面接では顔合わせ的な意味合いが強くなり、結果的に面接時間が短くなることもあります。

具体的には…、
「書類選考で書かれていた経歴やスキルに、嘘や偽りはないか?」
「最低限の常識やマナーはあるか?」
という部分だけを面接で確認され、特に問題なければ採用という流れです。

特にスキルが重視される技術職などでは、このようなケースが多くなります。
スキル重視であれば、企業側も志望動機などはあまり重視しないでしょうから。

以上の点から、面接があっさり終わったとしても、一概に不採用濃厚とは言い切れないでしょう。

ユメガシラ
ユメガシラ

企業によっては、最終面接も社長や役員との顔合わせ的な意味合いが強いため、あっさりと終わることがあります。

③もともと面接時間が短く設定されていたから

さらに、もともと面接時間が短く設定されていた場合にも、当然ながら面接時間は短くなります。

前述の通り、面接時間は企業によってさまざまであり、中にはだらだらと面接をするのを良しとしない企業も存在します。
そのため、仮に面接が短かったとしても自分がそう感じているだけであって、面接官は十分な面接ができたと思っている可能性もあります。

企業の面接に関する方針などはこちらで把握しようがないですし、どうすることもできません。
であれば、面接時間が短くても、あまり気にする必要はないでしょう。

面接を無理に引き延ばそうとするのはNG

面接を無理に引き延ばそうとするのはNG

もし、実際の面接中に面接時間が短いと感じた場合には、どうすればいいのでしょうか?
例えば、自分が想定したよりも早く「本日の面接は以上です」「最後に質問はありますか?」という風に、面接官から終了を告げられた場合です。

この場合ですが、結論から申し上げますと、特に何もする必要はありません。
むしろ、面接を無理に引き延ばそうとするのはNGなので、やめておきましょう。

前述の通り、面接時間は合否に関係がないケースがほとんどです。
面接官が忙しかったり、採用が決まっていたりすることが理由で面接時間が短くなっているのに、無理に面接を引き延ばしてしまっては、かえって逆効果です。
それに、面接は最初の印象が重要なため、最後に猛アピールをしたところで、効果はまず期待できません。

やはり、面接は相手の流れに従うのが鉄則と言えます。
面接時間が短いと不完全燃焼な気持ちになるかもしれませんが、そこは素直に受け入れておいた方が無難でしょう。

まとめ:面接時間の長さは特に気にしないのが賢明

最後にまとめておきます。

  • 基本的に面接時間は合否とは関係ない
  • 採用担当者(面接官)が忙しかったり、書類選考で採用がある程度決まっていたりすれば、面接時間が短くなることもある
  • 面接時間が短いと感じても、無理に面接を引き延ばそうとするのはNG

もちろん、面接官から早々に見切りをつけられて(不採用が決まって)、面接時間が短くなる可能性も0ではありません。
しかし、実際にはさまざまな理由によって面接時間が短くなることがあるので、結果を見る前に不採用と諦めてしまうのは早計です。

面接時間が短くなる理由はこちらで判断できませんし、そもそも知る必要性もありません。
やはり、面接時間は合否とは関係ないと心得て、特に気にしないのが賢明と言えるでしょう。

モブタロウ
モブタロウ

私は面接中に居眠りをしてしまい、5分で終わりを告げられてしまいました。

この場合も、希望はあるのでしょうか?

ユメガシラ
ユメガシラ

………。

以上、またお会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました