【意外と見落としがち】テレワークのメリット・デメリット

【意外と見落としがち】テレワークのメリット・デメリット

こんにちは、夢頭(ユメガシラ)です。

「テレワークが可能な職場へ転職してみたいが、テレワークって実際のところどうなの?」
「テレワークのメリットやデメリットを知りたい」

テレワークが可能な職場への転職を検討しているのであれば、このようにお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

昨今はコロナの影響もあって、テレワーク制度を取り入れる企業が増えてきました。
事実、テレワークを導入している企業の割合は、コロナ禍以降の令和2年は47.5%、令和3年は51.9%と急増しています。

参照:総務省『令和3年通信利用動向調査の結果』

とはいえ、まだ半分近くの企業は、テレワークに対応できていない状況です。

転職活動を始めたことを機に、テレワークが可能な職場への転職も視野に入れる方も多いかと思いますが、テレワークは実際のところはどうなのでしょうか?
出社勤務しか経験したことがないのであれば、テレワークに対して疑問や不安を抱えている方も多いかと思います。

そこで今回は、テレワーク未経験の方に向けて、「テレワークのメリットとデメリット」をご紹介します。
テレワークが可能な職場への転職を考えている方は、参考にしてみてください。

ユメガシラ
ユメガシラ

一応、私も最後の職場で実際にテレワークを経験しているので、多少の参考にはなるかと…。

スポンサーリンク

テレワークとは?

テレワークとは?

本題に入る前に、テレワークの意味とリモートワークや在宅勤務との違いを確認しておきます。

テレワークとは、オフィス(職場)から離れて働く勤務形態のことで、リモートワークと同義です。
在宅勤務はテレワークの一種で、就業場所が自宅に限定されています。
また、サテライトオフィスやコワーキングスペースのような施設を利用する働き方や、リゾートで行うワーケーションもテレワークの一種です。

よって、以上の点を整理すると、

  • テレワーク=リモートワーク
  • 在宅勤務、サテライト、コワーキング、ワーケーションはテレワークの一種

このようにまとめられます。

似たような言葉が多く、混乱してしまう方も多いかと思いますので、これを機に一度整理しておきましょう。
※本記事では、「テレワーク」という文言で統一しています。

テレワークのメリット

テレワークのメリット

それでは本題に戻って、まずはテレワークのメリットから見ていきましょう。

通勤する必要がなくなる

やはりテレワークの最大のメリットは、通勤する必要がなくなることでしょう。

テレワークであれば、朝の通勤ラッシュや夕方の帰宅ラッシュに巻き込まれることはありません。
それに通勤時間がそのまま削減できるので、仮に片道1時間かけて通勤している方であれば、1日あたり2時間の時間が浮く計算になります。

このように、テレワークであれば満員電車のストレスがなくなる上に、通勤時間も削減できるため、自分の時間を増やせます。
通勤の必要がなくなることがテレワークの最大のメリットと言っても、過言ではないでしょう。

ユメガシラ
ユメガシラ

テレワークであれば、『朝活』もしやすくなります。

モブタロウ
モブタロウ

あなたはテレワークであっても、全く『朝活』ができていなかったような気がしますが?

人間関係のストレスが減る

また、テレワークであれば、人間関係のストレスが減る効果も期待できます。

テレワークは基本的に一人きりの環境で仕事を進めます。
もちろん、オンライン会議や電話・メールでのやり取りは頻繁に発生するため、完全に一人きりというわけではありません。

ですが、テレワークは出社勤務に比べて、職場の人間と顔を合わせる機会は明らかに減少するため、ストレスを受ける機会も減少するでしょう。
オフィス勤務の時のように、キーボードを強打する人間や、怒声を上げる人間にいちいち悩まされることもありません。

このように、テレワークは人と接する機会が減る分、人間関係のストレスも減少します。
この点も、テレワークの大きなメリットであると言えるでしょう。

家事や育児・介護と両立しやすい

さらに、テレワークであれば場所を選ばずに仕事ができるため、家事や育児・介護との両立もしやすくなります。

もちろんテレワーク中は勤務時間であるため、家事や育児・介護に専念するわけにはいきませんが、ちょっとした雑用で席を外したり中抜けしたりすることは可能です。
少なくとも、出社勤務の時に比べて、体力的・精神的な負担は軽くなるハズです。

特に、これまで自宅を長時間空けられずに働くことを諦めていた方にとっては、大きなメリットになるでしょう。

ユメガシラ
ユメガシラ

テレワークであれば、平日でも宅配物の受け取りが可能です。

モブタロウ
モブタロウ

ピザも頼み放題ですね。

テレワークのデメリット

テレワークのデメリット

テレワークにはメリットも多いですが、もちろんデメリットも存在します。

続いて、テレワークのデメリットについても見ていきましょう。

コミュニケーションを取るのが難しい

前述の通り、テレワークは基本的に一人きりの環境で仕事を進めることになるため、周りとのコミュニケーションを取るのが難しいというデメリットが存在します。

もちろん、オンライン会議や電話・メールでいつでもコミュニケーションは取れますが、面と向かって話さないと、物事が伝わりにくいケースは往々にしてあります。
その結果、思わぬすれ違いが生じてしまい、大きなミスに繋がることも決して珍しくはありません。

ユメガシラ
ユメガシラ

特にメールは、相手の温度感がつかみづらいので、要注意です。

メールだけだと、冗談半分で言っているのか本気で怒っているのか、判断に困ることも多いです…。

モブタロウ
モブタロウ

日頃からしょっちゅう怒られているあなたにとっては、致命的ですね。

また、コミュニケーションを取るのが難しいことに付随して、テレワークでは孤独を感じやすくなるというデメリットも存在します。
オフィス勤務であれば、ちょっとした雑談やランチなどで親睦を深めることができますが、テレワークではそれができません。

テレワークは基本的に、業務で関わりがある人以外とのコミュニケーションの機会が皆無になるため、そのことに寂しさを感じてしまう人も多いようです。

仕事に集中するのが難しい

テレワークでは自宅を仕事場にする方が多いかと思いますが、自宅であるとついついだらけてしまい、仕事に集中するのが難しいというデメリットもあります。

▼テレワークでだらけないための対策については、下記の記事をご参照ください。


結婚してお子さんがいる家庭などでは、この問題は更に深刻でしょう。
自分だけの書斎があればいいのでしょうが、そういった一人で集中できる場所がないと、業務に大きな支障をきたす可能性もあります。
※私の周りでも、たまに車の中でテレワークをしている人がいました…。

そのようなケースにおいては、喫茶店やコワーキングスペースで仕事をすることも視野に入れた方がいいかもしれません。
ただし、それらの費用は基本的に自腹になるため、注意が必要です。

ユメガシラ
ユメガシラ

中にはテレワーク手当を支給してくれる企業もあるため、転職する際はその辺りの福利厚生にも着目してみましょう。

細かく管理される可能性がある

テレワークはオフィス勤務と違い、常に顔を合わせて仕事をするわけではないため、サボろうと思えば簡単にサボれます。

そのため、職場によっては細かく管理される可能性があります。
例えば、数時間ごとに業務日報の提出を求められたり、業務の開始時と終了時にいちいち上司に電話することを求められたり…などなど。

このように、オフィス勤務の時以上に管理の目が厳しくなる職場も存在するため、テレワークになってやりづらくなったと感じる人も多いようです。

オン・オフの切替が難しい

テレワークは自宅が作業場になる方が大半でしょうから、オン・オフの切替が難しくなるというデメリットも存在します。

以前の出社勤務であれば、自宅に帰ればリラックスできた方も多いかと思います。
ですが、テレワークは自宅が仕事場でもあるため、テレワークが始まってからは自宅でリラックスできなくなった方も増えているようです。

テレワークではパソコンを開けば、いつでも仕事ができるため、勤務終了後や休日であっても、ついついメールチェック等をしてしまいがちです。

特に真面目な方ほど、オン・オフの切替が難しくなるため、注意が必要です。

テレワークと出社勤務の併用を認めている企業が理想的

テレワークと出社勤務の併用が理想的

さて、このようにテレワークにはメリットとデメリットの両方が存在し、テレワークが向いているかどうかは、人によって違うでしょう。

そこで、もしテレワークが可能な職場への転職を検討しているのであれば、個人的にオススメなのが、テレワークと出社勤務の併用が認められている企業です。
具体的には、日によってテレワークか出社勤務かを自由に選べるような職場です。

例えば…、 
「今日は重要な会議があるから、出社勤務にしよう」
「今日は何もアポがないから、テレワークにしよう」
みたいな感じで、各人の裁量によって、自由に選ぶことが許されている職場環境です。

職種によっては、完全にテレワークに移行するのが難しい業務もあります。
そのため、テレワークと出社勤務の併用を認めている企業は多いです。

定期的に出社して職場の人間と会うようにすれば、コミュニケーション不足による業務上のミスも防げるでしょうし、孤独感もだいぶ和らぐでしょう。

このように、テレワークと出社勤務の併用が認められている企業であれば、出社勤務とうまく併用すればテレワークの欠点を補うことも可能なため、個人的にはオススメです。

まとめ:柔軟な働き方への対応が重要

最後にまとめておきます。

◆テレワークのメリット

  • 通勤する必要がなくなる
  • 人間関係のストレスが減る
  • 家事や育児・介護と両立しやすい

◆テレワークのデメリット

  • コミュニケーションを取るのが難しい
  • 仕事に集中するのが難しい
  • 細かく管理される可能性がある
  • オン・オフの切替が難しい

もちろん上記は代用的な例であり、他にも細かいメリット・デメリットは多数あるかと思います(例えば、テレワークだと太るなど…)。
実際に経験してみないと、その人にとっての真のメリット・デメリットはわからないものです。

とはいえ、テレワークを導入する企業は、今後さらに増えていくことが予測されます。
時代の変化に合わせて、今後は柔軟な働き方への対応がより重要になってくるでしょう。

モブタロウ
モブタロウ

私の現職(『自宅警備員』)は、職場がもともと自宅なため、テレワークが始まっても特に問題はなさそうですね。

ユメガシラ
ユメガシラ

………。

以上、またお会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました