【周りの目が気になる…】入社したばかりで休んでも大丈夫?

【周りの目が気になる…】入社したばかりで休んでも大丈夫?

こんにちは、夢頭(ユメガシラ)です。

「入社したばかりの時期に、体調不良や家庭の事情で休んでしまっても大丈夫なの?」

転職したばかりの時期に、このような疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。

多くの職場において、入社後の一定期間(平均3ヶ月ほど)は、試用期間としているのが一般的です。
試用期間はいわば、試されている期間でもあります(身も蓋もない言い方ですが…)。

そのため、入社直後は特に気を引き締める必要があり、当日欠勤などは許されないと考えている方も多いかと思います。

とはいえ、急な体調不良や家庭の事情で、入社したばかりの時期に休まざるを得ない状況になってしまうことがあるかもしれません。

果たして入社したばかりの時期に休んでしまっても、大丈夫なのでしょうか?
今回はこの点について、書いていきたいと思います。

ユメガシラ
ユメガシラ

一応、私自身も転職を4回しており、さらに人事部として中途入社の方の勤怠状況を数多く見てきましたので、多少の参考にはなるかと…。

▼試用期間中の注意点については、下記の記事をご参照ください。



スポンサーリンク

入社したばかりで休んでしまっても、特に問題なし

入社したばかりで休んでしまっても特に問題なし

さっそくですが、結論を申し上げますと、

「入社したばかりで休んでしまっても、特に問題なし」

です。

まぁ…、もちろん全く問題ないわけではありませんが…。
ただ、それだけであなたの全ての評価が決まるわけではありませんし、ましてや本採用が見送られる(クビになる)ことはまずあり得ません。

それに私の人事部在籍中の経験上、入社してすぐに体調不良で休んでしま人は、意外と多いです。
やはり慣れない環境で精神的疲労がピークに達してしまい、それが原因で体調を崩してしまう方が多いようです。
意外かもしれませんが、割と普通にあることなのです。

よって、入社したばかりの頃にやむを得ない事情で休んでしまったとしても、特に問題はないかと思います。

ユメガシラ
ユメガシラ

入社したばかりの頃の精神的疲労は、想像以上です。
ふだんは全く風邪をひかない人も、入社直後は要注意です。

入社したばかりの時期に休む場合には?

実際に休む場合には?

では実際に、入社したばかりの時期に休む必要が出てきた場合には、どうすればいいのでしょうか?

休む理由もいくつかあるでしょうから、状況別にその対応方法を見ていきたいと思います。
※言うまでもないですが、無断欠勤は厳禁です。

①体調不良の場合

最も多いのが、このパターンだと思います。
前述の通り、ふだんは全く体調不良にならない方であっても、慣れない環境でのストレスから体調を崩してしまうことは珍しくありません。

起こってしまったことはどうしようもないので、丁重にお詫びをしてお休みをいただきましょう。
連絡する時は変な嘘はつかず、正直に体調不良であることを申告しましょう。

強い罪悪感や自責の念に駆られるかもしれませんが、あれこれ悔やんでも仕方がありません。
余計なことは考えず、とにかく体調の回復に専念しましょう。

ユメガシラ
ユメガシラ

誰だって体調を崩してしまって、休んでしまう時はあります。
たまたまそれが入社したばかりの時期に重なってしまったと思うようにすれば、少しは気が楽になるかと思います。

なお、ただの風邪ではない場合や、3日以上休んでしまいそうな場合には、念のため病院から診断書を入手しておいた方がいいでしょう。

②家庭の事情の場合

急に親族が倒れたなど、家庭の事情で急遽休まざるを得ないこともあるかと思います。

これについては、致し方のないことです。
特に注意点等はありません。
丁重にお詫びをしてお休みをいただきましょう。

③冠婚葬祭の場合

急な親族のお葬式も致し方のないことです。
これも②と同様に、丁重にお詫びをしてお休みをいただきましょう。

では、お葬式ではなく結婚式の場合はどうでしょうか?

結婚式も重要なイベントではありますが、入社直後にそれを理由に休むとなると、周囲からはあまり快く思われないでしょう。

ただ、結婚式はお葬式と違って事前に日程が決まっているハズです。
どうしても参加したい場合には、入社前に相談してみることをオススメします。

ユメガシラ
ユメガシラ

事前にその日に休むことが共有されていれば、特に問題ないでしょう。

入社直後に休んだ場合には、有給休暇は充てられる?

有給休暇は充てられる?

もし実際に、やむを得ない事情で入社したばかりの時期に休んでしまった場合には、基本的には欠勤扱いになります。
入社直後は、有給休暇がないためです。

しかしながら、中には入社直後であっても、最初から何日かの有給休暇を付与してくれる良心的な職場も存在します(←羨ましい!)。

そのような職場であれば、休んでしまった日に有給休暇を充てることも可能だと思います。

ただ、休み明けすぐに「有給休暇を充ててもいいですか?」と聞くのはあまり印象が良くないと思いますので、勤怠の締め日が近づいてきたら、それとなく聞いてみることをオススメします。

▼有給休暇の事後申請の注意点については、下記の記事をご参照ください。

まとめ:後から振り返れば些細なこと

最後にまとめておきます。

  • 入社したばかりで休んでしまっても、特に問題なし(そういう人は意外と多い)
  • 実際に入社したばかりの時期に休む必要が出てきた場合には、変な嘘はつかずに正直に理由を伝えるべし
  • 入社直後に休んでしまった場合には基本的に欠勤扱いになるが、入社直後から有給休暇が付与される職場であれば、有給休暇を充てることも可能

入社直後に休んでしまうと、どうしても自己嫌悪に陥ってしまいがちです。
ですが、休んでしまったものは仕方ありません。
休み明けに周囲にしっかりとお詫びをして、心機一転また頑張ればいいのです。

こんなことを書くと怒られるかもしれませんが、入社したばかりの頃に休んでしまったとしても、後から振り返れば些細なことです。

これからいくらでも挽回の余地はあります。
なので、そんなに心配しなくても大丈夫だと思います。

ユメガシラ
ユメガシラ

これからの活躍で、簡単に帳消しにできますよ。

モブタロウ
モブタロウ

あなたは帳消しにできるほどの活躍は、未だにできていないと思いますが?

以上、またお会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました