【求人票のどこを見ればいい?】ホワイト企業の見分け方

【求人票のどこを見ればいい?】ホワイト企業の見分け方

こんにちは、夢頭(ユメガシラ)です。

「求人票でホワイト企業を見分ける方法はないの?」

転職活動中にこのような疑問を抱く方も多いかと思います。

ホワイト企業の明確な定義は存在しませんが、転職するからにはなるべく働きやすい職場に行きたいと思うのが人情でしょう。

とはいえ、求人票は情報量も多く、どのポイントを判断材料にすべきかは難しいところです。
中には、表面上の甘い言葉で応募者を誘い込もうとする求人票も存在します。

果たして、求人票からホワイト企業を見分ける方法はあるのでしょうか?
今回はこの点について、書いていきたいと思います。

ユメガシラ
ユメガシラ

一応、私も転職歴は4回ありまして、転職活動には毎回苦戦してきましたので、多少の参考にはなるかと…。

求人票だけでホワイト企業かどうかを見分けることは、ほぼ不可能

「求人票からホワイト企業を見分ける方法はあるのか?」

早速、この点についての私なりの結論を申し上げますと、

「なし」

となります。

………。
………。
いえ、ふざけてはいません。

残念ながら、「求人票だけでホワイト企業かどうかを見分けることは、ほぼ不可能」かと思います。
やはりこればかりは、入社してみないとわかりませんので。

というわけで、今回は以上となります。

………。
………。
というわけには、いかないと思いますので…。

確かに求人票だけで見分けることは不可能ですが、ある程度の判断基準はあるかと思います。
これから順を追ってご紹介します。

自分の中でホワイト企業の定義を定める

そもそもですが、ブラック企業・ホワイト企業の定義は、人によって違います。

激務であっても仕事にやりがいを感じられるのであれば、その人にとってはホワイトな職場となり得るでしょう。
反対に、仕事内容は特にハードでもなく福利厚生も充実していたとしても、給与の額に大きな不満があったとしたら、その人にとってはブラックな職場となり得ます。

よって、まずは前提として、自分の中でホワイト企業の定義を定める必要があるかと思います。

ホワイト企業の明確な定義はありませんが、一般的な特徴としては、

  • 給与が高い
  • 残業が少ない
  • 福利厚生が充実している
  • 有給休暇が取りやすい
  • 離職率が低い

などが挙げられるかと思います。
しかしながら、これらを全て満たす企業はまず存在しないでしょう(※もしかしたら、あるかもしれませんが…)。

例えば給与が高い職場であれば、その分プレッシャーや責任も重く、残業も多く有給休暇は取りづらいのが一般的かと思います。
逆に、ノルマや責任があまり重くない職場であれば、その分残業も少なく有給休暇も取りやすいでしょうが、給与は低いのが一般的でしょう。

このようにほとんど全ての企業は、長所と短所が表裏一体の関係を成しています。
「かっこよくて仕事内容も楽で、給与も高い職場じゃなきゃヤダ」という、のび太君みたいな甘い考え(?)は捨てましょう。

よって、求人票を見る前に、自分の中で何を優先すべきかを決めておく必要があります。

例えば、給与や仕事のやりがいを優先させるのであれば、その他の福利厚生などの面はある程度の妥協が必要となります。

優先事項が固まれば、自分にとってのホワイト企業の定義も定まってきます。
そうなれば、求人票のチェックポイントも絞られてきます。

こうやって、自分にとってホワイト企業となり得る応募先を見つけていきましょう。

ユメガシラ
ユメガシラ

自分の希望を全て満たすような職場を探していては、いつまで経っても応募先は見つかりませんので、ご注意ください…。

求人票のチェックポイント

さて、自分の中での優先事項が定まれば、それを基にいよいよ求人票をチェックしていくことになります。
とはいえ、どのような求人票が応募先として望ましいのでしょうか?

これについては、もちろん明確な正解はありません。
ですが、1つ言えることとしては…、

なるべく具体的に記述されている求人票が望ましい」

かと思います。

というのも、採用意欲の高い企業は求める人物像が明確に定まっているケースが多いため、なるべくそれが応募者に伝わるよう、記述も具体的になっているハズだからです。

仮に仕事のやりがい重視で求人票を探すのであれば、仕事内容を重点的にチェックすることになるかと思いますが、そのケースでの例としては…、

  • 良い例
     →「入社直後は●●の業務から始めていただき、慣れてきたら徐々に▲▲の業務にも携わっていただきます」
  • 悪い例
     →「営業事務」(※ひと言だけの記述)

こんな感じではないでしょうか?

もちろんこれだけで判断することはできませんが、それなりに具体的な記述があれば、企業側の採用意欲も高く入社後のプランも定まっていると推測できます。

注意点としては、記述量が多かったとしても抽象的な文言であるケースです。

例えば、
「アットホームな職場で、仕事内容については先輩社員が懇切丁寧に指導しますので、未経験の方でも安心して仕事を始められます」
のような記述です。

一見すると良さげですが、仕事内容について具体的な記述がありません。
このような企業は、甘い言葉で応募者を誘い込もうとしている可能性もあります。
表面上の文言だけではなく、記述内容にもよく注意しましょう。

繰り返しになりますが、採用意欲の高い企業が求人を出す場合には、求める人物像が明確に定まっているケースが多いです。
よって、記述内容が具体的で自分のイメージとマッチするようであれば、その求人は自分にとってのホワイト企業となる可能性が高いかと思います。

そういった求人には、ぜひ積極的に応募してみましょう。
とりあえず応募するだけなら、特に問題はないハズです。
万が一、イメージと違ったり危険なにおいを察知したのであれば、途中で辞退すればいいだけなのですから。

ユメガシラ
ユメガシラ

「数うちゃ当たる戦法」ではありませんが、やはりいい企業に巡り合うためには、それなりに応募する必要があるかと思います。

まとめ:自分にとってのホワイト企業は必ず存在する

最後にまとめておきます。

  • 求人票だけでホワイト企業かどうかを見分けることは、ほぼ不可能
  • 求人票を見る前に、自分の中でホワイト企業の定義(優先事項)を定めておく必要がある
  • 記述内容が具体的で自分のイメージとマッチするようであれば、その求人は自分にとってのホワイト企業となる可能性が高い

繰り返しになりますが、求人票だけでホワイト企業かどうかを見分けることは、まず不可能です。
自分の中でのホワイト企業の定義をしっかりと定めた上で、面接や職場の雰囲気なども含めて総合的に判断する必要があります。

自分にとってのホワイト企業は必ず存在するハズです。
そういった企業に巡り合えるよう、根気よく転職活動を続けていきましょう。

モブタロウ
モブタロウ

私は『いつでも昼寝OK』『朝は遅刻し放題』の2点に絞って探しているのですが、条件に合致する求人が全く見つかりません。

この場合は、どうすればいいのでしょうか?

ユメガシラ
ユメガシラ

………。

以上、またお会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました