【高い?】Kindle Unlimitedに月額980円の価値はある?

【高い?】Kindle Unlimitedに月額980円の価値はある?

こんにちは、夢頭(ユメガシラ)です。

「Kindle Unlimitedはいまいちって声もよく聞くけど、実際のところはどうなの?」
「Kindle Unlimitedの料金はやや高い印象だけど、月額980円を払うだけの価値はあるの?」

Kindle Unlimitedの利用を検討しているのであれば、このような疑問をお持ちの方も多いかと思います。

Kindle Unlimitedは、Amazonが提供する電子書籍の読み放題サービスです。
和書は12万冊以上、洋書も含めると200万冊以上の本が月額980円で読み放題となり、端末1つでいつでも読むことができます。

これだけ聞くと非常に魅力的なサービスのように思えますが、ネットでは「いまいち」「あまりオススメできない」という口コミも多く存在します。

果たしてKindle Unlimitedに、月額980円を払うだけの価値はあるのでしょうか?
今回はこの点について、書いていきたいと思います。

ユメガシラ
ユメガシラ

一応、私も年間50冊ほどの本を読んでおり、Kindle Unlimitedも実際に1年以上利用しているので、多少の参考にはなるかと…。

Kindle Unlimitedは月額980円以上の価値がある

Kindle Unlimitedは月額980円以上の価値がある

「Kindle Unlimitedに、月額980円を払うだけの価値はあるのか?」

この点について、さっそく私なりの見解を申し上げますと、

「大いにある」

です。

確かに、Kindle Unlimitedにはデメリットや使いづらい点もありますが、それを補って余りあるほどのメリットがあり、個人的には月額980円以上の価値があるサービスだと思います。
よって、もしも電子書籍の読み放題サービスを探している方がいたとしたら、私は迷わずKindle Unlimitedをオススメしたいです。

とはいえ、人によってやはり合う合わないはあるでしょう。

そこで次章より、Kindle Unlimitedのメリット・デメリット、向いている人について、順番に解説していきたいと思います。

Kindle Unlimitedの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

Kindle Unlimitedのメリット

Kindle Unlimitedのメリット

ではまず、Kindle Unlimitedのメリットから見ていきましょう。

①ジャンルと冊数が圧倒的に充実している

Kindle Unlimitedの最大のメリットは、電子書籍の読み放題サービスの中でもジャンルと冊数が断トツで充実していることです。
実用書・漫画・小説・雑誌はもちろんのこと、資格の本や楽譜まで揃えられており、200万冊以上の総合冊数は他のサービスを圧倒しています。

◆電子書籍読み放題サービスの比較表

Kindle Unlimited 高い

もちろん数が全てではありませんが、これだけのラインナップであれば、少なくとも「読みたい本がない」という状況にはならないかと思います。

広く浅く本を読みたい方にとっては、Kindle Unlimitedはうってつけのサービスと言えるでしょう。

②月に2冊以上読めば、十分に元が取れる

Kindle Unlimitedの料金は月額980円(税込)となっており、読み放題サービスの中ではやや高めです。
とはいえ、月に2冊も読めば、十分に元が取れる値段です。

料金が安いサービスであっても読みたい本が少なければ、あまり意味がありません。
その点、Kindle Unlimitedの豊富なラインナップであれば、何かしら読みたい本が見つかるハズです。

移動中やスキマ時間に利用するだけでも、月額980円の元は十分に取れるでしょう。

ユメガシラ
ユメガシラ

実際に購入するわけではないので、途中でつまらないと感じた本は、躊躇なく読むのをやめられます。

この点も魅力と言えるでしょう。

③さまざまなデバイスで読める

Kindle UnlimitedはKindle端末だけでなくスマホ・タブレットやPCがあれば、いつでもどこでも読書が可能です。
電子書籍なので端末が1つあればよく、持ち運びも非常に楽です。

また、読みたい本をあらかじめ端末にダウンロードしておけば、オフラインでも読書ができるため、電波状況の悪い場所やWiFiモデルのタブレットでも読書が楽しめます。

ユメガシラ
ユメガシラ

たまに「Kindle Unlimitedを利用するためには、Kindle端末が必要」と勘違いしている方がいますが、そんなことはないのでご安心ください。

④家族や友人とも共有できる

また、Kindle Unlimitedは1つのアカウントで最大6台の端末まで利用できるため、家族や友人と共有することが可能です。

よって、例えば自分はスマホで利用して、奥さん(ご主人)はPC、子どもはiPadで楽しむという使い方もできます。

ただし、共有する場合にはアドレス(もしくは電話番号)とパスワードの共有が必要なため、信頼できる間柄でのみ共有するようにしましょう。

ユメガシラ
ユメガシラ

ちなみにアカウントの共有は、違法ではありません。

Amazonも「6台までであれば共有OK」と認めています。

⑤無料で30日間試せる

さらにKindle Unlimitedの大きなメリットとしては、30日間の無料体験ができるという点です。

サービスに満足できるかどうかは、やはり実際に使ってみるのが一番です。
もしも気に入らなかったとしても、無料期間の30日が過ぎる前に解約をすれば料金は一切かからないので、安心です。

「口コミやネットの情報だけでは、いまいちピンとこない!」という方は、まずは無料体験で使い心地を試してみましょう。

今なら「3ヶ月199円キャンペーン」を実施中で、199円(税込)で3ヶ月読み放題のプランが利用できます(※通常の30日間0円の無料体験を選択することもできます)。
長期で試してみたい方は、こちらで申し込むことをオススメします。
※キャンペーンは2022/10/25までなので、この機会をお見逃しなく!

Kindle Unlimitedのデメリット

Kindle Unlimitedのデメリット

続いて、Kindle Unlimitedのデメリットを見ていきましょう。

①20冊までしか手元にストックできない

Kindle Unlimitedは読みたい本を端末にダウンロードする必要がありますが、手元にストックできるのは20冊までという上限があります。

ライブラリが既に20冊で埋まっている状態で新たな本をダウンロードしたい場合には、既存の本を削除する必要があります。
※イメージとしては、「20冊までしか借りられない図書館」のような感じです。

そのため、興味のある本を手当たりしだいにダウンロードしておいたり、お気に入りの本をライブラリにコレクションしておいたりすることはできないため、注意が必要です。

ユメガシラ
ユメガシラ

なお、以前(2021年の12月頃まで)はストックの上限は10冊でした。

そのため、今後さらにストックの上限が増える可能性はあります。

②読みたい本があるとは限らない

Kindle Unlimitedで読める本の数は200万冊以上と、圧倒的なボリュームを誇っているとはいえ、必ずしも読みたい本があるとは限りません。

残念ながら、Kindle Unlimitedに新刊はほぼありません。
まぁ…、新刊が簡単に読み放題となってしまっては出版業界が成り立たないので、この辺りは当然と言えば当然でしょうが…。

また、雑誌や漫画・小説のような1つのジャンルに絞ると、それ専門の読み放題サービスには負けてしまいます。
読みたいジャンルが固定している方は、ジャンル特化型のサービスを利用した方がいいでしょう。

③漫画やラノベは途中までしか読めないものが多い

Kindle Unlimitedは漫画やラノベも充実していますが、途中まで(だいたい1巻のみ)しか読めないものが多く、この点もデメリットと言えます。

割と新しめの人気タイトルが読み放題になっていることも多いのですが、たいていは1巻しか読めません…。
この辺りは、あくまで試し読みとして捉えておいた方がいいでしょう。

ただ、個人的には、1巻だけの試し読みはやや微妙な印象です。
というのも、長編ストーリーものは1巻から面白い作品はまれで、もう少しストーリーが進まないと面白さがわからない作品も多いからです(※あくまで個人的な感覚ですが…)。

そのため、シリーズを揃えるかどうかの試し読み用としてKindle Unlimitedを活用するのは、あまりオススメできません。

ユメガシラ
ユメガシラ

逆に、1話完結のギャグマンガなどは、試し読みには適しているかと思います。

④読める本が入れ替わる

また、Kindle Unlimitedでは読める本が定期的に入れ替わるため、読みたいと思っていた本が急に読めなくなることがあります。

入れ替えのタイミングは明確に決まってはいませんが、月初に多いイメージです。
また、人気作品は滅多に入れ替わらないようですが、もちろん絶対ではありません。

「いつでも読めるから」と油断していると、思わぬ後悔をすることもあるため、ご注意ください。

ユメガシラ
ユメガシラ

ただ、本の入れ替わりはKindle Unlimitedだけのデメリットではなく、全ての読み放題サービスに共通するデメリットでもあります。

⑤閲覧履歴が消せない

Kindle Unlimitedでは閲覧した本の履歴が残ります。
それ自体はごく自然の機能ではありますが、Kindle Unlimitedではなぜか閲覧履歴が消せない仕様となっているため、注意が必要です。

1人で楽しむぶんには特に問題ないでしょうが、家族や友人と共有している場合には、閲覧履歴が筒抜けになってしまいます。
そのため、プライバシーを保つのが難しく、この点もデメリットと言えます。

なお、閲覧履歴は非表示にすることもできますが、端末ごとに設定する必要があります。
自分の端末を非表示に設定しても、家族や友人の端末が非表示設定になっていなければ意味がないので、十分にご注意ください…。

Kindle Unlimitedが向いている人

Kindle Unlimitedが向いている人

さて、これまで見てきたメリット・デメリットから総合的に判断して、Kindle Unlimitedが向いているのは、以下のような人が挙げられるかと思います。

  • 特に読みたい本がなく、興味の湧いた本を適当に読みたい人
  • 新刊よりは過去の名作に興味がある人
  • 一冊の本を最後まで読むことが少ない人

全般的には、「広く浅く本を読みたい」という人には、Kindle Unlimitedが向いていると言えるでしょう。

逆に、読みたいジャンルが固定している人や、常に最新の本を読みたい人は、Kindle Unlimitedはあまり向いていないと言えます。

Kindle Unlimitedの無料体験についてのよくあるQ&A

Kindle Unlimitedの無料体験についてのよくあるQ&A

本章では補足として、Kindle Unlimitedの無料体験についてのよくあるQ&Aをご紹介します。

無料体験中に機能の制限はある?

一切ありません。

無料体験中も課金している場合と全く同じように使えるため、存分に使い心地を試すことができます(←素晴らしい!)。

ユメガシラ
ユメガシラ

この辺りの太っ腹さは、サービスに対する自信の表れなのかもしれません。

月の途中や月末に加入しても損はしない?

損はしません。

無料期間はあくまで「加入日から30日間」のため、月の途中や月末に加入しても無料期間が短くなることはありません。

無料体験は何回でも利用できる?

残念ながら、できません。
無料体験が利用できるのは、1つのアカウントにつき1回のみです。

・・・なのですが、「一度解約してからある程度の期間(数ヶ月ほど?)が空くと、再び無料体験に申し込めた」という報告がネット上でもちらほらと上がっています…。

ただし、この点については不確定要素も多く、期間を空けたからといって確実に無料体験が復活するわけではないので、ご注意ください。

まとめ:実際に使ってみるのが一番

最後にまとめておきます。

◆Kindle Unlimitedのメリット

  1. ジャンルと冊数が圧倒的に充実している
  2. 月2冊以上読めば、十分に元が取れる
  3. さまざまなデバイスで読める
  4. 家族や友人とも共有できる
  5. 無料で30日間試せる

◆Kindle Unlimitedのデメリット

  1. 20冊までしか手元にストックできない
  2. 読みたい本があるとは限らない
  3. 漫画やラノベは途中までしか読めないものが多い
  4. 読める本が入れ替わる
  5. 閲覧履歴が消せない

メリット・デメリットの感じ方は人それぞれでしょうが、Kindle Unlimitedを利用することによって、読書の幅は大きく広がるため、個人的には月額980円以上の価値があるサービスだと思います。

とはいえ、合う合わないはやはり個人差がありますので、実際にご自身で使ってみるのが一番です。

幸いなことに、Kindle Unlimitedには30日間の無料体験が用意されているので、これを利用しない手はないでしょう。
実際に使ってみて「いまいち」と感じたのであれば、その時は解約すればいいだけです。
無料期間中に解約すれば、料金は一切かかりませんので。

ユメガシラ
ユメガシラ

「百聞は一見にしかず」です。

今なら「3ヶ月199円キャンペーン」を実施中で、199円(税込)で3ヶ月読み放題のプランが利用できます(※通常の30日間0円の無料体験を選択することもできます)。
長期で試してみたい方は、こちらで申し込むことをオススメします。
※キャンペーンは2022/10/25までなので、この機会をお見逃しなく!

以上、またお会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました