面接結果がなかなか来ない時は、問い合わせても大丈夫?

面接結果がなかなか来ない時は、問い合わせても大丈夫?

こんにちは、夢頭(ユメガシラ)です。

「面接結果の連絡がなかなか来ないんだけど、そんな時は問い合わせてもいいのかな?」
「実際に面接結果を問い合わせる際には、どのような点に注意する必要があるの?」

転職活動中にこのようにお悩みの方も多いかと思います。

面接が終了したら、基本的に後は結果を待つだけですが、期日までに結果連絡が来ないことは実際よくあります。

連絡が遅れる理由はさまざまですが、待たされる方としては気が気ではありません。
早く楽になる意味でも、面接結果がなかなか来ない場合には、応募先に問い合わせをすることも検討する必要があるでしょう。

とはいえ、
「問い合わせをすると催促がましくなってしまい、選考結果に影響が出るのではないか?」
という不安がよぎって、問い合わせを躊躇してしまう方もいらっしゃるかもしれません。

果たして、面接結果の連絡がなかなか来ない時は、問い合わせをしても問題ないのでしょうか?
今回はこの点について、書いていきたいと思います。

ユメガシラ
ユメガシラ

一応、私も転職歴は4回あり、更に8年近く人事部として採用する側の実状も見てきましたので、多少の参考にはなるかと…。

▼面接結果が遅くても不採用濃厚ではない理由については、下記の記事をご参照ください。



面接結果が来ない場合は、問い合わせても問題なし

面接結果が来ない場合は問い合わせてもOK

さっそく私なりの結論を申し上げますと、

「面接結果の連絡がなかなか来ない場合には、問い合わせをしても問題なし」

です。

とりあえず問い合わせをしたからといって、採用結果に影響を及ぼすことはありませんので、その点はご安心ください。

常識の範囲内で気を付けて行えば、問い合わせ自体は別に失礼な行為にはあたらないのです。

面接結果を問い合わせる際の注意点

面接結果を問い合わせる際の注意点

さて、いくら「面接結果を問い合わせても問題なし」とは言っても、問い合わせの際に失礼があってはいけません。

そこで本章では、実際に面接結果を問い合わせる際の注意点について見ていきましょう。

問い合わせのタイミング

最初に悩んでしまう点としては、問い合わせのタイミングかと思います。
なるべく早めに結果を知りたいところですが、あまりに問い合わせが早いと催促がましくなってしまいます。

よって、問い合わせのタイミングとしては、連絡期日の3日後くらいが適切かと思います。
例えば、「1週間以内に結果をお知らせします」と言われていたら、期日の1週間後からさらに3日後くらいに問い合わせるのがいいでしょう。
※期日の当日に問い合わせるのでは早すぎるので、十分にご注意ください。

連絡が遅くなるのは採用側にも何かしらの事情があるハズなので、まずは期日まで待つべきです。
問い合わせをしなかったからといって、「入社意欲が低い」などという評価をされることはありませんので。
※そんな企業があったら、鬼ですが…。

なお、あらかじめ連絡期日が伝えられていなかった場合には、面接日から2週間経過後に問い合わせるのが無難です。
この辺りは明確な基準があるわけではありませんが、やはり最低でも2週間ほどは待つべきでしょう。
どうしても判断に迷ってしまう方は、面接の時にいつ頃に選考結果がもらえるか聞いておくことをオススメします。

ユメガシラ
ユメガシラ

面接の最後に逆質問の時間があることが一般的なので、その時にさりげなく聞いておくのがいいでしょう。

問い合わせの方法

面接結果を問い合わせる場合は、基本的にメール一択です。
なぜなら、電話での問い合わせは採用担当者を拘束してしまい、結果的に迷惑をかけてしまうケースが多いからです。

前述の通り、連絡が遅くなるのは採用側に何かしらの事情があるケースが多いです。
そんな時にいきなり電話で問い合わせをしてしまうと、採用担当者も返答に困ってしまいます。
メールであれば採用担当者も返信内容を考える時間ができますし、それほど拘束にはなりません。

確かに電話で問い合わせた方が確実ですし、「電話で問い合わせてはいけない」というルールがあるわけでもありません。
ですが、やはり採用側の事情も考慮すると、メールの方が適切と言えます。

よって、特段の事情がなければ、選考結果の問い合わせはメールで行いましょう。

問い合わせの内容

実際にメールで問い合わせをする際には、内容はシンプルにまとめましょう。

具体的にメールに記載する内容としては、

  • 先日の面接に対してのお礼
  • 面接結果の進捗状況の問い合わせ

の2点のみに留めておくのが適切です。

ダメ押しで改めて入社意欲をアピールしてもいいですが、基本的に選考結果は面接で決まるため、面接結果の問い合わせの段階でクドクドと記載するのは、個人的には控えた方が無難かと思います。

やはり、問い合わせメールもビジネスメールである以上、シンプルにまとめるのが鉄則です。

なお、どんなに丁寧な文面だったとしても催促には変わりありませんので、「行き違いになってしまいましたら、申し訳ございません」という文言を最後に入れておくことをオススメします。

ユメガシラ
ユメガシラ

面接の結果待ちの場面に限らず、「行き違いになってしまいましたら~」の文言は、何かを催促する際に非常に便利です。

ちなみに、面接直後にわざわざお礼のメールを送る必要はありません。

▼面接後のお礼が不要な理由については、下記の記事をご参照ください。

面接結果を直接問い合わせなくてもよいケース

面接結果を直接問い合わせなくてもよいケース

なお、結果待ちの求人が転職エージェントやハローワーク経由での応募案件であれば、そちらに問い合わせることが可能なので、応募先にわざわざ直接問い合わせる必要はありません。

ちゃんとした転職エージェントであれば、こちらから動かずともエージェントの方から進捗状況の報告があるハズですので、基本的に待ちの姿勢で問題ないでしょう。
※場合によっては、なぜ連絡が遅れているかの理由まで教えてくれることもあります。

また、意外と知られていないのは、ハローワーク経由での応募の場合です。
この場合はハローワークを通じて選考結果の進捗を確認することが可能で、必要に応じてハローワークの担当者が応募先に状況を確認してくれることもあります。
ハローワーク経由の応募であれば、連絡期日が過ぎたら、まずはハローワークに相談してみましょう。

まとめ:焦りは禁物

最後にまとめておきます。

  • 面接結果の連絡がなかなか来ない場合には、問い合わせをしても問題なし
  • 問い合わせのタイミングは、期日を知らされている場合は連絡期日の3日後くらい、期日を知らされていない場合は面接日から2週間経過後あたりが適切
  • 問い合わせの方法は基本的にメール一択で、文面はシンプルにまとめるのが鉄則
  • 転職エージェントやハローワーク経由の応募案件であれば、まずはそちらに進捗を問い合わせてみる

面接後は何となく落ち着かず、早く結果を知りたいと思うのは仕方のないことでしょう。
とはいえ、採用側の事情も考える必要があり、自分の都合だけで結果連絡を催促するのはNGです。

何にせよ、焦りは禁物です。
「人事を尽くして天命を待つ」ではありませんが、面接後は選考結果をコントロールすることはできません。

「転職活動においては時には待つことも重要」と心得て、静かに結果を待つことも必要でしょう。

モブタロウ
モブタロウ

そういえば私も、面接中に居眠りをして面接官を激怒させてしまった応募先から、1ヶ月以上も選考結果の連絡が来ていないので、それそろ問い合わせをしたいと思います。

ユメガシラ
ユメガシラ

………。

以上、またお会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました