【試用期間中の給料は低くなる?】試用期間中の待遇の注意点は?

【試用期間中の給料は低くなる?】試用期間中の待遇の注意点は?

こんにちは、夢頭(ユメガシラ)です。

モブタロウ
モブタロウ

突然ですが、ついこの前に転職をしました…。

ユメガシラ
ユメガシラ

唐突ですね…。

おめでとうございます。

でも、何だか浮かない顔をしているようですが?

モブタロウ
モブタロウ

実は、今は試用期間中なのですが、試用期間中の給料が本採用時の給料より低いのです。

これって違法ではないのでしょうか?

ユメガシラ
ユメガシラ

そうでしたか…。

でも残念ながら、違法ではないのです。

試用期間とは、企業側が従業員としての適性(勤務態度や能力等)を判断するために設けられている期間で、ほとんどの職場で用いられています。

試用期間はいわば「お試しの期間」であり、本採用時の給料より低く設定されているケースも散見されます。
そして、大企業も実際にこのような運用をしていることからもわかるように、試用期間中の給料を本採用時の給料より低く設定することは、違法ではないのです。

確かに、試用期間は自らの適性を判断されている期間なので、待遇がある程度低くなるのは仕方がないことなのかもしれません。
しかしながら、試用期間はあくまで長期の労働契約を前提として設けられているため、本採用時に比べて過度に待遇を低くすることは認められていません。

そこで今回は、試用期間中の待遇についての注意点をまとめてみました。
今現在が試用期間中である方や直近で転職予定の方は、ご自身の待遇が適正であるかどうか、この機会に一度ご確認ください。

ユメガシラ
ユメガシラ

一応、私も社労士の資格を有しており、更に人事部としての実務経験も8年近くありますので、多少の参考にはなるかと…。

▼試用期間の過ごし方のポイントは、下記の記事をご参照ください。



試用期間中の給料は、どれくらいまで低くなる?

前述の通り、試用期間中の給料を本採用時の給料より低く設定することは、違法ではありません。

しかしながら、職場側の裁量でいくらでも低く設定することが認められてしまっては、労働者の生活が立ち行かなくなってしまいます。

あくまで個人的な見解ですが、「試用期間中の給料は、最低でも本採用時の金額90%は確保されるべき」だと思います。

一応、あらかじめ労働局長の許可を得ていれば、試用期間中の時給換算額を最低賃金の20%までを上限に減額することはできます(「最低賃金の減額の特例」)。
しかしながら、実際にそのような運用を行っている職場は、基本的に危険と言わざるを得ません。

試用期間は長期の労働契約を前提として設けられているため、労働者の生活のことも考慮すれば、本採用時の金額の90%は確保されてしかるべきだと思います。

その他の試用期間中の待遇についての注意点

では、その他の試用期間の待遇について、具体的な注意点を見ていきたいと思います。

①残業代は支給される?

法定労働時間(1日8時間、週40時間)を超えた分の残業手当や休日出勤手当は、試用期間中であっても必ず支払われます。
これらが試用期間であることを理由に支払われない場合は、労働基準法違反になります。
※「試用期間中は基本給のみ」と定められていても、残業代は関係ありません。

また、みなし残業代(固定残業代)が導入されている場合は、それを超えた分の残業代が支払わなければなりません。
みなし残業代(固定残業代)とは、その月の残業時間にかかわらず一定の残業代を支給するものです。

例えば、月20時間分のみなし残業代(固定残業代)が定められている場合には、その月に残業を一切していなくても手当の満額が支給され、仮にその月に24時間残業した場合には、差額の4時間分の残業手当が追加支給されます。

いずれにせよ、試用期間中であることを理由に、残業代が支払われないということはあり得ません。
ご自身の残業代がきちんと支払われているか、給与明細を確認しておきましょう。

ユメガシラ
ユメガシラ

今後のためにも、その職場の残業手当の仕組みを理解しておくことをオススメします。

②各種手当は支給される?

家族手当や住宅手当などの各種手当(※残業手当は除く)について、試用期間中は支給しないという運用は、原則として問題はありません。

ただ、原則問題はないとは言っても、手当の不支給により本採用時の支給額の90%を下回っている職場は、要注意だと思います。
労働者にも生活がありますので、それを無視するような職場は、基本的に危険と言わざるを得ません。

各種手当の金額が大きい場合には、試用期間中であっても満額支給するのが通常です。
ましてや、試用期間中は通勤手当すら支給しないという職場は、注意が必要でしょう…。

③ボーナスは支給される?

ボーナスについては、完全に職場の定めによります。

そもそも「ボーナスを支給しなければならない」という決まりはありません。
よって、試用期間中の人間に支給しないというルールでも全く問題ありません。
※試用期間中だけに限定せず、「入社半年未満の者には支給しない」と定めている職場も多いです。

試用期間中にボーナスが支給されるかどうかは、就業規則(賃金規定)で確認してみましょう。

ユメガシラ
ユメガシラ

就業規則(賃金規定)の確認方法がわからなければ、担当部署(人事部など)に聞いてみましょう。

④社会保険は加入できる?

試用期間であっても、入社日から社会保険には原則加入となります。
『社保完備』と謳っておきながら、加入は本採用からというのは違法です。

最近は年金事務所等の監視も厳しくなっているので、このような運用を行っている職場はほとんど存在しないとは思います。
ただ、零細企業などは未だにこのような運用を行っている場合があるので、注意が必要です。

⑤試用期間中のみ時給制となる場合は?

本採用時は月給制でも、試用期間中は時給制を採用している職場もあります。
これも違法ではありません。

注意点としては、「試用期間中の時給が、本採用時の月給を時給換算した時の時給よりも著しく低くなっていないか?」ということです。

例えば、

月給が240,000円で所定労働時間が160時間の場合 → 時給換算額:『@1,500円』

となりますので、試用期間中の時給が『@1,500円』より遥かに低い『@1,200円』とかに設定されている職場は、要注意です。

前述の通り、労働者にも生活がありますので、それを無視するような時給設定をしてくる職場は、基本的に危険と言わざるを得ません。

試用期間中が時給制の場合には、時給換算の金額にも注意を払ってみてください。

まとめ:試用期間の待遇の取り扱いで、その職場の誠実性がわかる

いかがだったでしょうか?

入社直後の人間はあまり戦力として見込めないため、できるだけ給料を低く抑えたいというのは、企業側からしたら当然の心理なのかもしれません。
しかしながら、だからといって労働者の生活のことを無視するような過度な冷遇は、許容できるハズはありません。

「試用期間の待遇の取り扱いで、その職場の誠実性がわかってしまう」
のではないかと、個人的には思ったりします。

ユメガシラ
ユメガシラ

それで、あれから転職先には慣れましたか?

モブタロウ
モブタロウ

いえ、転職先は3日で辞めてきました。
やっぱり私には、『自宅警備員』こそが天職だと悟りましたので。

ユメガシラ
ユメガシラ

………。

以上、またお会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました