書類選考に落ちても、ショックを受ける必要がない3つの理由

書類選考に落ちても、ショックを受ける必要がない3つの理由

こんにちは、夢頭(ユメガシラ)です。

「書類選考に落ちてしまい、ショック!」
「書類選考でまさかの10連敗…、もう嫌になってきた」

転職活動中にこのようにお悩みの方は、多いかと思います。

書類選考は転職活動の最初の難関ですが、一般的な通過率は約30%と言われています。
ただ、これは業界や職種によってさまざまなので、ほとんど参考にはなりません。
個人的には、30%よりも低いと思っています(※あくまで個人的な推測ですが…)。

なので、書類選考の通過率は特に意識する必要はないと思います。
ですが、やはり書類選考で落とされてしまうと何だか自分を否定されたような感じがして、ショックを受けてしまう方も多いかと思います。

「自分は社会から必要とされていないのでは?」
「自分の今までのキャリアは、一体何だったのだろう?」

このようなネガティブ思考に陥ってしまい、転職活動を断念したくなってしまうかもしれません。

果たして、書類選考に落ちてショックを受けてしまった時は、どうすればいいのでしょうか?
今回はこの点について、書いていきたいと思います。

ユメガシラ
ユメガシラ

一応、私も転職歴は4回あり、さらに8年近く人事部として採用する側の実状も見てきましたので、多少の参考にはなるかと…。

スポンサーリンク

書類選考に落ちても、ショックを受ける必要は全くなし

書類選考に落ちてもショックを受ける必要は全くなし

さて、さっそく私なりの結論を申し上げますと、

「書類選考に落ちても、ショックを受ける必要は全くなし」

です。

これは単純に、「書類選考の通過率はもともと低いので、落ちて当たり前」という考え方も含みます。
ですがそれ以外にも、ショックを受ける必要がない理由が存在します。

これから順を追って、ご説明します。

書類選考に落ちても、ショックを受ける必要がない理由

ショックを受ける必要がない理由

ではなぜ、書類選考に落ちても、ショックを受ける必要は全くないのでしょうか?
私なりに考える理由を挙げていきたいと思います。

①企業独自の採用基準に合致しなかっただけの可能性が高いから

大企業や人気の求人であれば、それこそ応募が殺到するハズです。
であれば、採用する側も全ての応募書類をじっくり見ることはしないでしょう。

具体的には、企業が独自の画一的な採用基準で、応募者をふるいにかけている可能性が高いのです。

例えば、「30歳未満」「転職回数は2回まで」などの条件でふるいにかけて、それらの条件を満たさない応募書類は一切見ずに不採用としている可能性があります。
表向きの求人票では、雇用対策法などの関係上「年齢制限なし」などとしていても、実際の選考では企業独自の採用基準でふるいにかけられている場合も多いかと思います。

つまり書類選考で落ちたのは、単純に企業独自の画一的な採用基準に合致しなかっただけであって、決して能力や経験が不足していたわけではないケースも多いのです。

企業独自の採用基準などはこちらで把握しようがないですし、どうすることもできません。
であれば、いちいちショックを受ける必要もないでしょう。

②採用担当者も応募書類をそんなに見ていないから

ここで1つ悲報です。
残念ながら、採用担当者は応募書類をそんなにじっくりと見ていません。

正確には、忙しくて見られないケースが多いのです。
職場によりけりだとは思いますが、基本的に採用担当者は超多忙です。

ユメガシラ
ユメガシラ

私の経験上、採用担当者の方々は常に夜遅くまで残業しているイメージでしたね。

本来であれば、全ての応募者の志望動機や経歴をじっくり比較検討した上で、候補者をピックアップしていきたいのでしょうが、なかなかそうはいかないのが実状です。
たまたま採用担当者の目に留まった応募書類が、合格になってしまうケースも珍しくはないと思います。

なので、書類選考の結果というのは、運やタイミングも絡んでいる可能性が高いといえます。
落ちた原因が、一概に能力や経験の不足というわけでもないのです。

であれば、①と同様にいちいちショックを受ける必要もないでしょう。

③その後の選考(面接)で落ちる方がダメージが大きいから

書類選考を通過すると、どうしても「内定をもらえるかも」という期待が膨らんでしまいます。

しかしながら、書類選考後には面接や適性試験等が待ち受けています。
当然ながら、それらを突破しなければ内定を得られないわけですが、面接までいって落ちた時のダメージは、書類選考の比ではありません。

ユメガシラ
ユメガシラ

特に最終面接でダメだった時の絶望感は、半端ではありません…。

それに書類選考を通過したからといって、企業側があなたにどれほど関心を持っているのかは、正直わかりません。
残念ながら、「書類選考通過 → あなたに興味津々」というわけではないのです…。

実際には「とりあえず会ってみるか…」という温度感で、書類選考を通過しているパターンもあるのです。
もしくは、あなたが気合十分で面接に臨んだ時には既に内定者が出てしまっており、形だけの面接をされるという悲しいパターンもあります(※私も何度か似たような経験をしています…)。

もちろん面接で素晴らしいパフォーマンスを発揮して、大逆転で内定を勝ち取れる可能性もありますが、それは至難のわざです。
期待して面接に臨んでも、実は望み薄だったケースもそれなりにあるのです。

であれば、ここは1つ「書類選考で落とされたことで、変な苦労や期待をせずに済んでむしろラッキー」と前向きに捉えてみてはいかがでしょうか?

応募書類を第三者に添削してもらう必要はあり

応募書類を添削してもらう必要はあり

さて、いくら「書類選考に落ちても、ショックを受ける必要は全くない」といっても、そもそもの応募書類に問題がある可能性も考慮しなければなりません。
履歴書や職務経歴書の書き方に正解があるわけではありませんが、最低限のツボみたいなものは押さえておく必要があります。

よって、応募書類を一度は第三者に添削してもらう必要があるかと思います。

転職エージェントに登録すれば、無料で応募書類の添削をしてもらえるので、この機会に利用してみましょう。

▼転職エージェントのメリット・デメリットについては、下記の記事をご参照ください。

まとめ:気持ちの切り替えが重要

最後にまとめておきます。

◆書類選考に落ちても、ショックを受ける必要がない理由

  1. 企業独自の採用基準に合致しなかっただけの可能性が高いから
  2. 採用担当者も応募書類をそんなに見ていないから
  3. その後の選考(面接)で落ちる方がダメージが大きいから

確かに書類選考で落とされたら、誰でも多少のショックは受けると思います。

ですが、あなたの能力や経験不足が原因で落ちたわけではなく、単に運やタイミングの問題で落ちた可能性も高いのです。
なので、いちいち気にする必要はありません。

転職活動は長期戦です。
長期戦においては、何より気持ちの切り替えが重要だと思います。

決して焦らず、根気よく転職活動を続けていただきたいと思います。

モブタロウ
モブタロウ

私は節約のため、不採用で返却された応募書類をそのまま次の応募先に郵送しているのですが、全く面接に呼ばれません。
この場合は、どうすればいいのでしょうか?

ユメガシラ
ユメガシラ

真面目に活動してください…。

以上、またお会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました