【退職を検討されている方へ】ボーナスをもらってから退職するには?

【退職を検討されている方へ】ボーナスをもらってから退職するには?

こんにちは、夢頭(ユメガシラ)です。

「今の職場を退職するつもりだけど、せっかくならボーナスをもらってから退職したい…」

退職を検討しているのであれば、このように考える方は多いかと思います。
特に毎月の給与の比重が小さくて、ボーナスの比重が大きい職場にお勤めの方であれば、なおさらのことだと思います。

しかしながら、
「ボーナス支給前に退職を伝えてしまうと、ボーナスがもらえなくなるのでは?」
という疑問も生じてくるかと思います。

果たしてボーナスをもらってから退職することは、可能なのでしょうか?
また、ボーナスをもらってから退職するためには、どのような点に注意しなければならないのでしょうか?

今回はこの点について、書いていきたいと思います。

ユメガシラ
ユメガシラ

一応、私も社労士の資格を有しており、更に人事部としての実務経験が8年近くありますので、多少の参考にはなるかと…。

▼退職の申し出についてお悩みの方は、下記の記事をご参照ください。


就業規則(賃金規定)を確認しましょう

ボーナス支給のルールに関しては、職場によって様々です。
よって、退職(予定)者にボーナスが支給されるかどうかは、職場のルール次第ということになります。

ということで、何はともあれ職場のボーナス支給のルールを確認する必要があります。
ボーナス支給のルールについては、就業規則(賃金規定)を確認しましょう。

モブタロウ
モブタロウ

就業規則なんて、我々のような従業員が見られるのですか?

ユメガシラ
ユメガシラ

就業規則には周知義務があるので、大丈夫です。
たいていは、社内掲示板みたいな所に保存されているハズです。

確認方法がわからなければ、担当部署(人事部など)に確認してみましょう。

一般的なボーナス支給のルール

前述の通り、ボーナス支給のルールに関しては、職場によって様々です。
しかしながら、多くの職場が適用している一般的なルールみたいなものがありますので、それらをご紹介します。

①支給日に在籍していなければ、支給しない

よくあるのが、『在籍要件』です。
つまり、ボーナス支給日に実際に在籍していなければ、ボーナスを支給しないというルールです。

例えば12/10がボーナス支給の職場であれば、支給日である12/10まで職場に在籍している必要があり、仮に12/9が退職日だとボーナスは支給されないことになります。

この「在籍していなければ」という要件ですが、有給休暇消化中でも要件を満たします。
たとえボーナスの支給日が有給休暇の消化中であったとしても、その職場には在籍していることになりますので、『在籍要件』はクリアできます。

②対象期間中に一定期間以上の勤務がなければ、支給しない

次によくあるのが、『勤務要件』です。
つまり、ボーナス支給の対象となる期間中に一定期間以上の勤務(出勤)がなければ、ボーナスを支給しないというルールです。

例えば12/10支給のボーナスが4~9月の期間の成績に対して支給されるものであれば、4~9月の間に一定以上の勤務(出勤)日数がなければ、ボーナスは支給されないことになります。

ただ、この要件が関係してくるのは、中途入社者や休職者などのハズです。
病気やケガなどで長期の休みを取っていなければ、この要件は基本的には関係してこないと思います。

③ただし~(※これが一番重要)

実は一番重要なのが、この「だだし~」という『ただし書き』です。
最後にサラっと厳しいことが書いてあったりするので、要注意です。

例えば、

「ただし、退職予定者には支給しない」
「ただし、入社1年未満の者には支給しない」

などなど…。
これらの文言があれば、他の要件を全て満たしていたとしてもボーナスは支給されません。
実際には、このような厳しいルールを定めている職場は結構あります(※個人的には、ただ単にセコいだけだと思ってしまいますが…)。

このようなルールが定められている場合には、残念ながらボーナスは諦めるか、支給日まで退職の申し出を遅らせるしかないでしょう…。

支給額に過度な期待は禁物

さて、支給要件を全て満たしていて、無事にボーナスが支給されることがわかったとしても、1つ注意点があります。

それは、
最後のボーナス支給額に過度な期待は禁物」
ということです。

「今期は売り上げも好調だったので、結構もらえるだろう」
とか考えていると、実際に支給された時にガッカリするかもしれません。

というのも、退職(予定)者はボーナスの査定が冷遇されがちになるからです。 
しかしこれはある意味、仕方がないことかもしれません。

ボーナスには様々な意味があるとは思いますが、一番大きいのは『従業員のモチベーション管理』だと思います。
頑張った人間にはボーナスを多くして、逆にイマイチだった人間にはボーナスを少なくして奮起を促すのが一般的です。

しかしながら、退職する人間にモチベーション管理は必要ないと言えます。

当然ですが、ボーナスにも予算があって、その限られた範囲内で支給しなければなりません。
支給する側としても、できるだけ将来有望な人間に多くのボーナスを支給したいハズです。
そうなってくると、去っていく人間はどうしても冷遇されがちになります。
厳しいようですが、これが現実です。

なので、まぁ…、「ボーナスをもらえるだけ幸せ」と思うようにして、金額については過度な期待はしないことをオススメします。

ユメガシラ
ユメガシラ

私も人事部に在籍していた頃に、ボーナスの支給額の件で退職者と揉めているのを何度も見ています…。

周りの目を気にする必要は全くない

もしかしたら、
「ボーナスをもらってから退職するのは、気が引ける」
「もらうものをもらってから退職するなんて、卑しいヤツだと思われるかもしれない…」
なんて風に周りの目を気にしてしまう方も、中にはいらっしゃるかもしれません。

この点については、
「周りの目を気にする必要は全くない」
と思います。

なぜなら、ボーナスをもらうのは当然の権利だからです。
というか、ボーナスのために日頃から重い責任も負っているハズです(←言い過ぎ?)。
要件を満たしているのであれば、堂々ともらって構わないでしょう。

それに私自身が人事部として働いていた時には、ボーナスをもらってから退職する人間なんてザラにおり、全く珍しくもありませんでした。
つまり、それだけ普通のことなのです。

よって、周りの目を気にする必要は全くありませんので、そこは安心していただければと思います。

ユメガシラ
ユメガシラ

逆に支給する側からすると、なるべく退職者にはボーナスを支給したくないハズです。
場合によっては、退職日の前倒しとかも打診されますので、ご注意ください。

まとめ:目先のボーナスよりも今後の人生の方がはるかに重要

最後にまとめておきます。

  • 退職(予定)者にボーナスが支給されるかどうかは、就業規則(賃金規定)で確認する必要がある
  • 支給要件を全て満たしていれば、たとえ有給休暇消化中でもボーナスは支給される
  • 最後のボーナス支給額に過度な期待は禁物
  • ボーナスをもらってから退職することは特に珍しいことでもないため、周りの目を気にする必要は全くない

ボーナスをもらってから退職したいのであれば、必ず事前に就業規則(賃金規定)を確認してから、退職を伝える時期を検討するようにしましょう。

ただし、あまりにもそれに固執し過ぎるのは、個人的には得策ではないと思います。

というのも、退職するからにはその後に転職や独立などを予定しているハズです。
そんな大事な時期に、ボーナスをもらうためだけに次の職場の入社日を遅らせたり、独立の日を遅らせてしまっては、本末転倒です。

「どうせならボーナスをもらってから退職したい」というのは、当然の心理かと思います。
しかしながら、目先のボーナスよりも今後の人生の方がはるかに重要ではないでしょうか?

もちろん考え方は人それぞれでしょうが、その辺りの判断を誤らないよう、ご注意いただければと思います。

ユメガシラ
ユメガシラ

仮にボーナスをもらえなかったとしても、「そんなのは、はした金」と思えるくらい、これから稼げばいいのです!

モブタロウ
モブタロウ

とか言って、「やっぱりあの時ボーナスがもらえていれば…」などと悔やんだりしたら、承知しませんよ?

以上、またお会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました