【実績なしで独立される方へ】いきなり独立しても、実は既に実績が1つある

【実績なしで独立される方へ】いきなり独立しても、実は既に実績が1つある

こんにちは、夢頭(ユメガシラ)です。

「スキルも実績もないまま、いきなり独立なんて無謀ではないのか?」

独立を検討しているのであれば、このようにお悩みの方もいらっしゃるかと思います。

かくいう私も、勢いで脱サラしました。
勢いなので当然、フリーランスとしての実績はナシです。
ですが、そんな私にも既に1つだけ実績があります。

それは…、

「脱サラした」

ことです。

モブタロウ
モブタロウ

ちょっと何を言っているのか、わからないですね…。

ユメガシラ
ユメガシラ

ま、まぁ…、順にご説明します。

スポンサーリンク

フリーランスとしての最初の実績はイバラの道

フリーランスの最初の一歩は努力ではなく実績

「千里の道も一歩から」と言いますが、フリーランスとして生きるのであれば、最初の一歩は何よりも重要だと思います。

しかし、これは私の個人的な見解ですが、フリーランスの最初の一歩というのは、努力ではなく実績であると考えています。
つまり、ブログを書いたり、飛び込み営業をかけたりしただけでは、最初の一歩になりません。
アフィリエイトで1件収益をあげたり、1件契約をとってきたりすることで、ようやく最初の一歩を踏み出せたことになると考えています。

となると、フリーランスの最初の一歩は、とてもハードルが高いと言えます。
少しキツイ言い方だったかもしれませんが、フリーランスは結果が出せないと飢え死にですからね。

しかし安心してください。
フリーランスとしての実績がナシの方でも冒頭で述べた通り、「脱サラした」ことが1つの大きな実績になりえます。

どういうことか、これから説明します。

脱サラするにはパワーと勇気がいる

脱サラするにはパワーと勇気がいる

「脱サラと言ったって、会社をただ退職しただけだろ?退職願を提出して終わりじゃん?」
というご意見もあるかもしれません。
ですが、決してそんな簡単な話ではないはずです。

まずは退職にしても、退職願を提出して終わりではありません。
上司の説得、取引先への報告、引継ぎ、場合によっては周りからの冷たい目…などなど。
会社を退職するには、さまざまな課題をクリアしなければなりません。
少なくとも私は、退職の度にしんどい思いをしてきました。

さらに脱サラとなると、家族の方々の了承を得るのも一大事ではないでしょうか?
まだ転職であれば、
「会社が変わるだけだし、まぁ、いいんじゃない?」
という感じでしょうが、脱サラとなると
「何を考えている!?下手したら一文無しだそ!あなたには絶対無理だ!」
という猛反対を受ける可能性もあるのではないでしょうか?

こんな感じで脱サラというのは、とてもパワーと勇気がいるのです。
なので「脱サラした」ことは、1つの大きな実績になりうるのです。
これは短絡思考ではないと思います。

ユメガシラ
ユメガシラ

私は独り身だったので、まだどうにでもなりましたが、家庭がある中で脱サラされる方は、本当に勇気がいると思います。

脱サラはおろか転職する勇気がない人間も多い

脱サラはおろか転職する勇気がない人間も多い

追撃ではないですが、「脱サラはおろか転職する勇気がない人間も多い」ということも、お伝えしておきます。
前述の通り、脱サラや転職は、とてもパワーと勇気がいるからです。
なので、彼らは脱サラや転職といった選択を取れません。

別にそういった方々をディスるつもりはありません。
苦痛に耐えながら1つの会社に勤め続けるというのも、それはそれでスゴいことだと思います。
しかしそういった方々からすると、今まで会社で積み上げてきたものを捨てて会社を飛び出していくという行為は、とてもまねができないのです。

以上の点からも、やはり脱サラは大きな実績になりうるのではないでしょうか。

まとめ:我々は既に試練を乗り越えている

最後にまとめておきます。

  • 「脱サラした」ことが、フリーランスとしての最初の大きな実績になり得る
  • 脱サラするにはパワーと勇気がいる
  • 脱サラはおろか転職する勇気がない人間も多い

フリーランスは一部例外もありますが、特に試験があるわけでもなく資格ナシで誰でも始められます。
それゆえ、果たしてこんな自分で通用するのかどうか、不安に襲われることがあるかもしれません。

ですが、そんな時は思い出してください。

「我々は既に『脱サラ』という試練を乗り越えている」

と。

脱サラが最初の実績
出典:諫山創『進撃の巨人』

以上、またお会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました