「人生のどん底は今ではない」と言える2つの理由

「人生のどん底は今ではない」と言える2つの理由

こんにちは、夢頭(ユメガシラ)です。

「今が人生のどん底だ…」
「どうしたらこのどん底から這い上がれるのだろうか?」

今現在このように悩んでいる方や、過去に悩んでいた方は多いかと思います。
私自身も生きているのがイヤになるほど悩んでいた時期が、過去に何度かありました。

ですが、一度冷静になってご自身に問いかけてみてください。

「本当に今は人生のどん底なのか?」

と。

そして厳しいことを言うようですが、

「人生のどん底は今ではない」

と、個人的には言いたいのです。

もちろん、「人の状況もよく知らないで、勝手なことを言うな!」というご意見もあるかと思います。

それについては、まぁ…、そうかもしれません。
人によって状況は本当に様々です。
状況もよく知らずにこんなことを言うのは、確かに無責任かもしれません。

ですが、それでも私は言いたいのです。

「人生のどん底は今ではない」

と。

今回はこの点について、書いていきたいと思います。

「人生のどん底は今ではない」と言える2つの理由

ではなぜ、「人生のどん底は今ではない」と言えるのでしょうか?
以下で、その理由を見ていきたいと思います。

①上には上がいるから

これはわかりやすいと思います。
他人と比較するのです。
どんなに自分がどん底だと思っていても、上には上がいるものです。

モブタロウ
モブタロウ

他人と比較するのは良くないのでは?

ユメガシラ
ユメガシラ

いえ、比較すること自体は別に悪いことではないと思います。

自分の現状を知るための比較であれば、むしろ必要かと思います。

現状を相対的に捉えることができるのであれば、今の自分(もっと言えばこれからの自分)がどん底になることは、まず不可能ではないでしょうか?

②まだ人生の途中なので、今がどん底かどうかは確かめようがないから

また、仮に他人と比較しなかったとしても、今が人生のどん底になることはまず不可能です。

なぜなら、まだ人生の途中なので、今が人生のどん底かどうかは確かめようがないからです。
人生のどん底を確定できるのは、死んだ後か死ぬ直前だけです。

人生は本当に色々あります。
今がどんなにツラかったとしても、将来は更にツラい状況が訪れるかもしれません。
悩んでいる時期が若い時であるほど、今が人生のどん底である可能性は低くなると思います。

しかも厄介なことに(?)たとえ今がどんなにツラい状況だったとしても、過去の出来事になった時点で、それはどん底と思えなくなることが多いのです。

ユメガシラ
ユメガシラ

ツラい出来事ほど、後から意外と人生のいいアクセントになったりします。

であれば、今が人生のどん底と断言することはまず不可能でしょう。

とりあえずハーゲンダッツを買いに行こう

さて、仮に「今が人生のどん底ではない」と認めたとしても、その後はどうすればいいのでしょうか?

別に「今が人生のどん底ではない」と認めたところで、状況が好転するわけではありません。
むしろ「今が人生のどん底でなければ、ここから更に落ちる可能性もある」とも考えられます。

では、一体どうすれば…?

私ができる最大限のアドバイスは…、

「手元に300円あるなら、今すぐハーゲンダッツを買いに行こう!」

です。

………。
………。

いえ、ふざけてはいません。
いや、多少はふざけているかもしれませんが…。

ただ、今がどん底ではないと認識できれば、少なくとも自殺する気にはならないかと思います。
私自身も「どん底まで落ちたら、自殺しよう」と勝手に謎ルールを決めていたのですが、結局のところ人生のどん底は永遠に訪れないようです…。

また、今がどん底ではないと認識できれば、真のどん底と現状を比較できると思います。
そして、考えられる真のどん底と現状を比較してみると、その差は意外に大きいと気付けるハズです。
もしかしたらそこに、現状から抜け出せるヒントがあるかもしれません。

そんなわけで、何にせよこれからもしばらくは、今の状況での苦戦が続きます。
だいぶ息も詰まっているかと思います。
なので、まずはハーゲンダッツを買ってクールダウンしましょう。

つまりは、そういうことです。
自分でも何を言っているのかわかりませんが、とにかくそういうことです。

モブタロウ
モブタロウ

すみません。
今は100円しか持ち合わせがないのですが…。

ユメガシラ
ユメガシラ

その時は、『モナ王』を買ってください。

まとめ:辛気くさくなったら、ハーゲンダッツ

最後にまとめておきます。

◆「人生のどん底は今ではない」と言える理由

  1. 上には上がいるから
  2. まだ人生の途中なので、今がどん底かどうかは確かめようがないから

◆「人生のどん底は今ではない」と認識することの効果

  1. 少なくとも自殺する気にはならない
  2. 真のどん底と現状を比較できる

最後に1つ言いたいのは、

今が人生のどん底と思い込んでいるヤツは、辛気くさ

ということです。
まぁ、過去の私なんですが…。

別に辛気くさくなるのは構わないのですが、あまりにも辛気くさくなって「今の状況が永遠に続くんだ」と思い込むのは、個人的にはいただけないですね。
そんなことは、まずありえません。
必ずしも状況が好転する保障はありませんが、この状況が永遠に続く根拠もありません。

なので、まずは手っ取り早くハーゲンダッツでも買って、「ささやかな楽しみ」を作ってください。
心の余裕を取り戻すためにも、そういうのが意外とバカにできなかったりするものです。
多分…。

以上、またお会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました